フリーランスの働き方による収入のギャップ

エンジニアが独立するときにはフリーランスとなるのが通例だ。フリーランスとは個人事業主の働き方のひとつであり、基本的には受注した仕事を単独で行うフリーランスの形を好むエンジニアが多いようだ。企業としてもフリーランスの人材を活用する傾向が強まっているため、エンジニアにとっては標準的な独立の仕方となっている。
しかし、その働き方によって収入のギャップは大きくなる傾向がある。
通常は企業から委託契約を受けて働くことを選び、コンスタントに収入があるようにする傾向があるものの、その道を選ばない人もいるのが実情だ。委託契約の場合には労働に対して報酬が支払われるのでかならずしも成果を上げないといけないわけではない。契約に従って働いていれば契約に沿った金額の報酬を受け取れるという働き方なので、安定した収入が得やすい。
しかし、達成感という意味では成功報酬型になる請負契約をして単独で開発業務などに携わった方がやりがいがあるかもしれない。そんな考えからか、その道を選んで働いているフリーランスのエンジニアも当然いる。完成しなければ報酬が得られないため、収入は安定しないという問題があるが、成果を上げると大きな報酬が手に入り、その過程でエンジニアとしても大きく成長することが可能である。将来性を高める上では有用な選択肢になるのは確かであり、エンジニアとして成長していく分、長く働けることも多いのが魅力だろう。
どちらを選ぶかをよく考えて、独立してからの目標を立てておかないと生計を立てるのも将来性を高めるのも難しくなりかねないため注意が必要だ。